スポンサーリンク

コラム第16話 ピロシキを作ってみました。

スポンサーリンク

ピロシキと言えば、日本でよく売っているピロシキといえば肉マンが揚げてあるような感じで勝手に日本人が創造した産物であり、ロシアのピロシキは、どちらかというと揚げてなく、中にレバーやいろいろな具の入ったパンというのがこれまでの私の見解だったのですが・・・ 

それも作ったピロシキで脆くも崩れさりました。 
なんとウクライナでも揚げているピロシキはあるそうだ。 

これってトリビアになりませんかね?
そんなわけで今日は揚げるピロシキをつくってみます。

材料
水250ml、牛乳250ml、砂糖、塩、油、ドライイースト、牛挽肉、玉ねぎ(牛挽肉と玉ねぎは具なのでお好みで)

1.まず水250mlに牛乳250mlそして砂糖大さじ2杯、塩小さじ1杯、油大さじ2杯、ドライイースト大さじ1杯をよくかき混ぜます。

そしてそれに強力粉をマグカップ4~5杯加えていきます。

生地は結構固めでこんな感じです。

これで生地ができるので出来たら20分置いておきます。

2.次は具を作ります。このくらいの生地だと牛挽肉300gと玉ねぎを細かく切ったものをフライパンで炒めていきます。

炒め終わった写真はこちら。

あまりにピンボケだったのでワレニキを使いまわし(汗)

3.その炒め終わったものをミキサーで砕きます。

あまり細かく砕くと液状になっていますので注意です。

ミキサーにかけた後の参考写真はこちら。

4.ワレニキと同様に生地に具を包んでいきます。

具と生地のバランスが微妙なんです。

包んだ後の写真はこちら。

5.包み終わったら包んだ生地を油で揚げます。

170度で10分ぐらい揚げましたがこれが失敗だったようです。

姫が温度まで母親に聞いてなかったので、私が適当にあげました。


まぁ手作りなのでご愛嬌。
姫曰く形はニハラショーだけど味は同じだって。 
ほんと味はとてもおしいですよ。
夜7時に作りはじめて、夜10時の完成です。日曜の朝に作るといいかも・・・

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
ページ上部へ戻る