スポンサーリンク

コラム第2話 出会い

スポンサーリンク

私がきれいな女性に会って感動した場所は、関東のいわゆる外パブ(外国人パブ)といわゆるところでした。
しかし、俗言う水商売なのでイメージ的には、よくない響きですし、もしかしたら嫌悪感を示す読者もいるかもしれませんね。

フィリンピンパブは、仲間数人で何度か行ったことがあるのですが 当時としては、ロシアパブは、まだ行ったことがなく「知り合いに連れて行かれた」 という感じでした。 
たしか、ロシアのパブは、眺めているだけでも楽しめるからというお誘いだったような。

ロシアパブといっても彼女は、タイトル通りにウクライナ人なのですが。 インターナショナルパブといっても全員がウクライナ人なんてお店もあるぐらいですから、その辺はかなりあいまいです。(注:結婚したのは、ウクライナ人ですが、この人ではありません。)

仕事の関係上どうしても、飲みに行かなければならなかった 私は、つきあいで行かなければならない(いわゆるノミニケーション)でよく行くが場所がフィリピンパブでした。
しかし、踊ったり、歌ったりする、いわゆるフィリピンパブ系のノリがいまいち苦手でした。 私がいつもつまらなそうにしているのを見かねた知り合いの一人が連れて行ってくれたという感じでしょうか・・・

次ページに続きます。

スポンサーリンク

ページ: 1 2

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
ページ上部へ戻る