スポンサーリンク

コラム第7話 ウクライナへの旅(キエフ入国編)

スポンサーリンク

日本から約14時間ようやくウィーン到着です。

次は、ようやくウクライナの目的地キエフ行きの航空機を待つわけですがここで 約4時間待つ(トランジット)ことになります。

ちなみに帰りも同様に待つので、こんなところで約8時間もロスです。 
時は、金なりじゃないけどもうちょっとなんとかならないだろうか? 
利用者が少ないから「直行便はない」のは仕方のないことですがね。

ちなみにウィーンと日本の時差は-7時間です。 ウクライナは現在夏時間で日本との時差は-6時間(冬時間の時は-7時間) そんなわけでこの時期、ウィーンとキエフの時差は、-1時間あることになります。

それにしても4時間の待ち時間は長いです。 荷物なるので、あまり本などは、持って行かなかったので「旅のロシア語会話帳」を 読んでましたが、眠くなってしかたありません。

私と同様一人旅の人は、何か時間を潰す対策を考えた方がよいかもしれません。

私は、仕方がないので帰りもここの寄るのでお土産を物色していました。

夏なので生ものは買えず、誰でも気軽にあげられるものは、チョコレートぐらいしかみあたらなかったです。

何かを買おうかと思ったけど、通貨であるユーロを所持していなかったのでしばらく 考える。(クレジットカードを使えば良いのですが) 
よく探してみると近くに両替所があったので100ドルをユーロで76.53ユーロ(手数料が5ユーロ)に両替する。
お金が手元にあるとどうしても使いたくなるのが貧乏性の性というもの。

腹が空いては戦は、できんとばかりに近くにあるコーヒーショップで腹を満たすことにしました。
食べるところは「コーヒーショップ」と「レストラン」の2店舗しかないので結構混んでいます。

コーヒーショップで私の前に並んでいたのは、昔日本で活躍をしたチャダを思わせる 頭にターバンを巻いた風貌の人で同じ種類のシフォンケーキの中から特定の シフォンケーキに指を指し店員に全部同じですと言われても、これじゃないと ダメとなかなか強情な人でした。 
そんなやりとりをみていたあと、私のなんちゃって英語でサラミピザとエスプレッソを 購入しお腹をみたしました。

その後、航空チケットのチェックインも済まし、ようやくウクライナ行きの航空機へ。

次ページに続きます。

スポンサーリンク

ページ: 1 2

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
ページ上部へ戻る